To You~梅雨~

本来なら、新緑が奇麗で爽やかな風を感じる5月中旬ですが、今年は早くも梅雨入りとか・・・皆さんお元気にお過ごしでしょうか?

おはようございます、オジサンです。

コロナ禍の終息が見込めないまま、東京オリンピックまで100日を切り、いよいよ実施or中止の判断を迫られる時となりました。オジサン的には「中止やむなし」と思うのですが、アスリート・・・特に引退時期間近の選手にとっては、これが最後のチャンスになる可能性も有りますので「実施させてあげたい」気持ちも有ります。

しかし変異株が猛威を振るっている現状を考えれば、選手の健康管理は勿論、本来あるべき選手と観客の交流も出来ない中での開催はリスクが多過ぎるとも言えます。

その辺りの事は政府初め識者の方々が考えてくれるので、オジサン如きがトヤカク言う事ではないですねぇ。(本当に考えて考えてくれるのかなぁ?)

梅雨入り

昨日(5月16日)多くの地域で一気に梅雨入りの発表が有りました。オジサンの住む地域でも昨日は曇りだったのが、夜半からシトシト雨が降り始め「あぁ、梅雨だなぁ」と思う湿気満載です。

f:id:tenikichi21:20210517093528j:plain

愛車コペンもご覧の通り、雨に濡れています。庭ではカエルが大合唱し、空には飛ぶ鳥1羽も見られない朝を迎えました。

それにしても例年より3週間も早い梅雨入りとの事。やはりこれも温暖化の影響でしょうか?例年オジサンの住む地域では6月の初旬が梅雨入りですから、本当に早いと感じます。

梅雨入りで何より嫌なのは車が汚れる事、そしてテニスができない事です。汚れた車は乗っていて気持ち良くないし、テニスができないとストレスが溜まると同時に体力的にも落ちて来ます。気力全体が落ちる気がします。

今朝辺りの天気予報では「早く入ったからと言って、早く明ける訳では無い」と言っていました。梅雨の鬱陶しい時期が1ヵ月以上、2ヵ月近く続くのは嫌ですねぇ。しかも最近の傾向では「大雨」も梅雨の特徴になっているようで、線状降水帯なんてモノが現れると浸水や土砂崩れなんかも気になります。

早い梅雨、夏の終わりから秋にかけての大型台風・・・気候変動の異常を感じるのは特にお年寄りに多いと思います。「俺が若かった頃は」なんて言うのは歳よりじみていて余り好きでは無いのですが、確かにオジサンが子供の頃は集中豪雨なんてそれほど無かったように思うし、大型台風も有ったけどそれは数年、数十年に1度位だったと思います。

災害が発生するのは様々な要因が重なっての事だと思いますが、それにしても何年も連続で「集中豪雨」「大型台風の襲来」は「異常」としか言いようが有りません。

いつも言っている事ですが、災害は早めの対応が被害者にならないためには必要です。「まずい」と思ったら即避難・・・これが防災の最重要事項です。皆さんも「被害者」にならないよう、十分お気を付け下さい。

 

New Shose

暫く更新していない間に初夏の装いとなって来ましたが、皆さんお元気にお過ごしでしょうか?

こんにちは、オジサンです。

3度目の緊急事態宣言発令で、楽しいはずのGWが「いまいち、盛り上がらねぇな」と思っていた方も多いと思います。小さい子供にとっては、ジイチャン、バアチャンに会えるのを楽しみにしていた子も多いと思いますが、コロナは自然現象(?)ですから致し方ないです。

まぁ。何時まで続くか分からない状態での自粛生活は確かに疲れるし、楽しくないので一日も早く今まで通りの生活が出来るようになることを祈っています。

さてオジサンはこの3月から近所のテニスクラブのコーチとして通わせて頂く事となりました。コーチ業は過去に15年程経験が有りますので、ジュニアから大人まで何とかなると思っています。

スポーツにおけるシューズの重要性

そこで、大分古くなっていたテニスシューズを新調する事にしました。新しい場所にも少しづつ慣れて来て、スクールだけでなく会員の方ともテニスを楽しむようになり、穴の開いたシューズではいつ怪我をしてもおかしくないと思ったので、心機一転新しいシューズを購入したのです。

シューズはスポーツをする方にとって、非常に重要なアイテムである事は今更オジサンがトヤカク言う事では有りません。最近ではマラソンの厚底シューズが話題となり、新記録が続々と生まれています。

シューズはスポーツ選手にとってパフォーマンスの向上とともに怪我の予防にも欠かせないアイテムですので、シューズ選びは非常に重要なのです。最近では足型を測定して最も適したシューズを選択してくれるサービスも登場しています。足に合っていない靴を履いてしまうとタコが出来たり、爪を痛めてしまったりして十分な実力を発揮できない場合も有るので、シューズ選びは慎重にした方が良いと思います。

かといって、高価なシューズだけが良いと言う訳では無く、とにかく自らの足にフィットし、長時間履いて疲れや痛みが無く、激しい動きでもついて来てくれるようなシューズを選ぶのが肝要です。

New Shose

オジサンは意外に足が細く、3Eでは靴の中で足が暴れてしまいます。まぁ3Eで靴紐をきつく縛れば良いのかも知れませんが、そうすると長時間履いていると足が痛くなって動けなくなります。

そこで選んだのがNewbalanceとASICSの2足です。

f:id:tenikichi21:20210506104328j:plain

これがNewbalanceで、オールコート用です。

Newbalanceは以前から好きで何足か履きつぶして来ました。Newbalanceの良さは何とってもそのフィット感がオジサンは好きです。オジサンの足型に合っているのか、全体的にピッタリしていて履き心地が良いです。

f:id:tenikichi21:20210506104744j:plain

もう一足がASICSです。こちらはオムニ・クレーコートです。

ASICSも比較的昔から好きで履いています。日本のオニツカタイガーが由来のメーカーですが、日本のメーカーにしては比較的足型が細く、オジサンの足にもフィットします。ASICSのシューズ、何と言ってもその耐久性が素晴らしいとオジサンは感じています。結構ハードな動き(ハードな動きなんて出来るのかよ!)でも痛みが少なく、特に中敷きのヨレは他のメーカーに比べて少ない気がするのはオジサンだけでしょうか?

さてさて、2足買ったシューズ、Newbalanceの方はスクール用、ASICSの方は自分の練習用に使おうと思っています。これからテニスのトップシーズンになります。大いに身体を動かしてみたいと思います。

皆さんも時間があったら身体を動かして、心身共にリフレッシュして下さい。

 

Hidekiiiiii~

桜の花も終わり、新緑の季節に移り替わろうとしていますが、皆さんお元気にお過ごしでしょうか?

こんにちは、オジサンです。

梅の花が咲いたと思ったら桜の花が咲き、桜が終わったと思ったら新緑が芽吹き始めました。季節の移り変わりの早さに驚いているのはオジサンだけでは無いと思います。

もう何十回も経験している事ですが、今更ながら季節の移り変わりの早さには驚いてしまいます。

Hidekiiiii~

ついに松山選手がやってくれました!マスターズ優勝、おめでとうございます!

最後は薄氷を踏む思いのショットが続いた16~18番でしたが、見事1打差で逃げっ切ったのは松山選手の実力と運の賜物だと思いました。勝負の行方は最後まで分からず、残り2ホールを残しての2打差は、その前の5打差を考えれば無いに等しく感じたのではないでしょうか?

それでも18番を残して2打差有ったのは良かったと思います。17番のパーセーブが大きかったとオジサンは思います。松山選手がどう思ったか・・・オジサンには分かりませんが、最終ホールのティーで「ダブルボギーを打たない限り優勝できる」と、優勝を確信したかも知れません。

オジサンにはゴルフの事はよく分からないので、詳しい解説などは他の方にお任せしますが、最後のパットを決め、パトロンに囲まれてコースを後にする松山選手の姿には、オジサンもウルウルしてしまいました。最後の5ホール位はかなりきつかったのではないでしょうか?

解説の中嶋さんも言っていましたが「勝ち切る事が難しい」のがスポーツで、確かに途中どれほど良くても勝たなければ意味がなくなってしまうのがスポーツの世界です。例えばマラソン・・・「勝負は35Kmを過ぎてから」とよく言われます。それまでずっとトップを守っていても、そこで抜かれてしまえばそれまでの苦労は水の泡となってしまうのです。逆に言えば、途中がどんなに悪くても、最後に勝ち切れば苦労は報われるのです。

松山選手もこの10年間、かなり多くの苦労をしてきたようです。誰よりも多く練習し、誰よりもゴルフの事を考え、自分なりのゴルフ理論を持っていたようですが、なかなか結果として現れる事が無く、彼なりにかなり悩んでいたようですねぇ。

今回のマスターズ、ビッグネームがまさかの予選落ちをする中、こう言っては何ですが、ダークホース的存在の松山選手が優勝した事は、やはり勝利の女神は松山選手の努力を見ていてくれたのではないかと思ってしまいます。

解説の中嶋さんが「優勝する選手は、技術・戦術・戦略以外の目に見えない何かを持っている」と言っていました。確かに、今回の松山選手はその「目に見えない何か」を持っていたと思わせるシーンがいくつかありました。それを「運」と言うのかも知れませんが、オジサン的には「運の裏付け」が松山選手には有ったと思います。

とにかく勝ちは勝ち、松山選手の今後の活躍にも期待したいと思います。

おめでとう!Hidekiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii~!!!!!!!!

 

さくら・・・咲く

春のセンバツ高校野球もベスト8が決まり、プロ野球も開幕を迎え、本格的な春の到来を感じさせますが、皆さんお元気にお過ごしでしょうか?

こんにちは、オジサンです。

このところコロナ禍で世の中が沈みがちでしたが、甲子園で春の選抜高校野球が開幕し、何となく前向きになれそうな雰囲気が漂って来ました。高校球児のハツラツとしたプレイを見ていると、何だか訳もなく嬉しくなってしまいますねぇ。

昨年はコロナの影響で中止となり、悔しい思いをした球児達、学校関係者、親御さんも多かったと思いますが、今年は入場制限が有るとはいえ、何とか開催に漕ぎつけた関係者には「ご苦労様」と言って上げたいと思います。

プロ野球も楽しみな若者が結構出てきているようで、阪神の佐藤君、残念ながら開幕1軍には間に合わなかったようですが、千葉ロッテの佐々木投手、甲子園以来暫く名前を聞いていなかった中日の根尾選手等々、多くの若者がこれから活躍してくれることを祈っています。

さくら・・・咲く

球春とともに、オジサン家の近所の桜も咲き始めました。東京では満開になった頃、やっと咲き初め、今は5分咲きと言ったところでしょうか。

f:id:tenikichi21:20210328140603j:plain

2021.03.27撮影 

昨年も書きましたが、オジサン家の近くの川沿いは、約1.5Km程の桜並木が有ります。結構有名な桜の名所のようで、近隣から多くの方々がカメラを片手に、或いはお弁当を持って桜見物に来ています。

以前は花見船や露店も出て、大変な賑わいだったそうですが、今ではそこまで多くの人出はないようです。

f:id:tenikichi21:20210328141118j:plain

2021.03.27撮影

この1年、本当にコロナに振り回された年でしたが、聖火リレーも無事始まり、いよいよオリンピックが近付いて来た感が出て来ました。

1964年の東京オリンピック聖火リレー、オジサンは小学校低学年でしたが、近くの国道沿いで日の丸の小旗を振りながら見た覚えが有ります。その時、そう感じたかは忘れてしまいましたが、今もその時の光景(場所、時間、周りの雰囲気等)は鮮明に覚えています。無事第二回東京オリンピックが開催されると良いですねぇ。海外からの観客が居ないのは寂しい気もしますが、コロナ禍ではしょうがないですか・・・。

f:id:tenikichi21:20210328141824j:plain

梅の実

今年は梅の花も良く咲いてくれました。昨年は全く実の付かなかった梅ですが、今年はポツリポツリと実を付けてくれました。

f:id:tenikichi21:20210328142014j:plain

赤白併せて100個ほどでしょうか、こんな可愛い実が付いています。奥さんは今から収穫後の梅ジュース作りに思いを馳せているようで「鳥に食われなきゃいいねぇ」とか「虫にやられないようにしたいねぇ」と言っています(なら、寝ずに番をすれば!)

今年も無事(?)春本番となりました。早くコロナが去ってくれる事を切に祈っています。後1ヵ月もすればGWがやって来ます。オジサンは毎日がGWなので関係ありませんが、それまでにコロナが少しでも下火になって、いつものGWが楽しめると良いと思っています。

桜が咲いた人も咲かなかった人も、これからが正念場です。身体を壊さないよう、健康でお過ごしください。

 

愚痴・ぐち・グチ

いよいよ桜の便りも届き初め、春本番となって来ましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

こんばんは、オジサンです。

桜の花が咲き始めたと言うのに「愚痴・ぐち・グチ」ではなんだか情けない気がしますが、今の政治家や官僚の情けなさに比べればまだましな様な気がします。

前にも書きましたが、オジサンは結構時間が有るので、国会中継なんぞをチラ見しています。今は東北新社とNTTの接待疑惑で様々な人の名前が挙がり、ああだ~、こうだ~とやり合っていますが、同じ答弁を繰り返す大臣、同じ質問を繰り返し、質問時間を無駄に使っている野党。みんなおかしいんじゃないの?と思ってしまいます。余りに国民感情から掛け離れた議員のやり取り・・・。テレビの時代劇に出て来る「お前も、悪よのぉ」の悪代官と同じじゃないですか?

国民感情から掛け離れたと言えば、辞職した官僚の退職金・・・。何なんですかねぇ、あれ!

立場が怪しくなると「辞表」を出して「ハイ、さよなら」。それでも数千万単位の退職金が支払われる・・・どこかおかしくないですか?しかも税金ですよ!税金!

「僕たちの国はどこかで道を間違たようですね」・・まさしく道を間違っています!

真面目に数十年働いて、無事定年を迎えたサラリーマンでもあんな金額を貰えるのは一握りの中の更に数%じゃないでしょうか?官僚時代は偉そうにして、民間(国民)いじめで快楽をむさぼり、いざとなったら「辞表」一本で数千万円ですよ!

皆さん、もっと怒りましょう!

オジサンは現役時代、文科省の役人と何度か仕事でやり取りをした事が有りましたが、そりゃぁもう、偉そうでした。民間企業を見下したような態度で、今思い出しても胸糞悪くなります。

そのくせ何でもかんでも規制を掛けて、国に金が入る(税金を取る)仕組みを作っている役人なんて・・・いらない!厚生労働省の役人を1/3にして、保健所職員を元の数に戻せ!

今日は愚痴・ぐち・グチでした。

あれから・・・10年

今日は春らしい、暖かい日になっていますが、皆さんお住まいの地域は如何でしょうか?

こんにちは、オジサンです。

もう10年・・・やっと10年・・・思いは人それぞれでしょうが、東日本大震災で被災された方々の心の傷は、そう簡単には癒えないと思います。

オジサンも家族が事故に遭い、四股の自由を失ってしまい、まだ2年ですが、いまだに「何とかならなかったのか?」と言う思いは全く消えていません。

家を流され、家族を流され、自らも流されて恐ろしい思いをした方、悲しい思いをされた方々に心からご冥福とお見舞いを申し上げます。

オジサンには何のお手伝いも出来なかったし、これからも何もできないと思いますが、一日も早く各地域が復旧し、東電の原発事故の後始末が終え、故郷に戻る日が来ることを心より願っています。

f:id:tenikichi21:20210311135022j:plain

あの日、オジサンが横浜で経験した事は以前このブログで紹介した通りですが、あの日は本当に寒かった・・・。

今日のような暖かな春の日ではなく、横浜では午後4時頃、雪まで降る始末で、横浜駅の混乱、運河沿いで見た津波、避難場所だったパシフィコ横浜の混雑状態、携帯電話がつながらなかった事、新横浜駅の床の冷たさは今でも鮮明に覚えています。

映像では、津波の映像は勿論、仙台の火事、翌日の海沿い地域の惨状もいまだ忘れる事が出来ません。後日になりますが、東電福島第一原発の事故も忘れる事が出来ない出来事です。

震災翌年、福島県いわき市に仕事でお邪魔した時、水戸駅を過ぎた辺りからブルーシートを屋根にかぶせた家が目立ち始め、勿来(なこそ)駅に着くまでその光景が続いていた事も鮮明に覚えています。

オジサンは会社で防災担当もやっていたので、結構地震、浸水、火災などの疑似体験はしていましたが、やはり疑似とリアルではその衝撃は全く違うと感じたのも10年前の3月11日でした。まぁ被災時にどのような行動が必要かは疑似体験でも十分まかなえると思いますが、実際に揺れている時の対処・・・これは疑似体験では得られないモノだと痛感しました。

なぜなら、疑似の場合は、絶対安全が保障されているから、気持ちの中のどこかに「安心感」が有ります。しかし、リアルではその保証は何も無く、いつ自分が「犠牲者」になってもおかしくないからです。

f:id:tenikichi21:20210311134911j:plain

さて、今年も3月11日が来て、防災に対する気持ちを新たにしなければ・・・と自分に言い聞かせているオジサンです。万が一の時、車椅子の家族を安全な所にどうやって移動させ、避難所ではどうすれば良いのか・・・・頭を悩ませています。

 

今年も紫陽花が芽吹く季節となり、日増しに暖かさを実感できる日が来る季節となりました。被災された方、ご家族を亡くされた方、今も避難先で不自由な暮らしを強いられている方々に心よりお見舞い申し上げます。

何もできなくで、ごめんなさい。

 

たまには・・・Jazz

晴れて気温の高い日が有ると思えば、今日のように朝から気温が殆ど上がらず、冬に逆戻りしたような日も来ますが、皆さんお元気にお過ごしでしょうか?

こんにちは、オジサンです。

コロナ終息の目途が立たないまま3月に突入してしまいました。もう、1年以上になるんですねぇ。東京オリンピックはどうなるんでしょう?無事1年遅れで開催できるんでしょうか?なんだか大波に揉まれる小舟のように揺れに揺れているオリンピックですが、アスリートの為には開催できると良いなぁと思ってしまうオジサンです。

東日本大震災も10回目の春を迎える事となりましたが、いまだ東電原発(福島第一)問題は解決の糸口すら見えず、これまた右に左に、上に下に揺れに揺れている感が否めません。

コロナにしても震災にしても、一日も早く「以前の生活」を取り戻して欲しいと願うのはオジサンだけでは無いと思うのですが・・・。

たまには・・・Jazz

今日は朝から雨の一日になっているので、久しぶりにJazzのレコードを引っ張り出して聴いています。雨の日に聴くスローなJazzも結構心に染みるのです。

オジサンはJazzの知識がほとんど無いので、レコードを買う時は「ジャケ買い」が殆どでした。プレイヤーで知っていたのは、マイルス・デイビスビル・エバンス位で、後は全くの白紙状態でした(今でもほとんど進歩していませんが・・・自慢にゃならねぇよ)

そこでレコードのジャケットだけを見て、気に入ったレコードを買っていた訳ですが、当たりも有ればハズレも有る状態で、今ではJazzのレコードも100枚を超えてしまいました(ちなみにクラシックレコードはおよそ1500枚・・・自慢かよ!)

f:id:tenikichi21:20210308140642j:plain

これはエバンスとジム・ホールが組んだ「UNDERCURRENT」です。写真が暗くて分かり難いかも知れませんが、服を着た女性が水の中を浮遊する姿がとても美しいですねぇ。このレコードを買った後、ジム・ホールの演奏は2度ほどブルーノート東京で聴きました。何気なくギターを演奏する姿が格好良かった事を覚えています。

f:id:tenikichi21:20210308141940j:plain

これもエバンスの「Sunday at the Village Vanguard」。

知的な雰囲気のエバンスがメチャクチャ格好良いです。詳しい事は他の方のHPに任せますが、この録音の後、ベーシストのスコット・ラファロが交通事故か何かで亡くなったんじゃなかったでしょうか?

オジサンがまだ若かりし頃、何度かニューヨークに行っていた(遊び)頃、ヴィレッジバンガード、スイートヴェイジルには何度か行きました。ベルリンの壁崩壊前後の事です。なぜかブルーノートには行った事が無いのですが、今ではその事を悔やんでいます。

f:id:tenikichi21:20210308143159j:plain

WALTER BISHOP Jr TRIOの「SPEAK LOW」。

何と言ってもこの横顔が格好良いですねぇ。タバコをギリギリまで吸う・・・手が熱くないんでしょうか?

このレコード、マニアの間では結構に人気が有るようなのですが、オジサンにその良さがイマイチ分かりませんです・・・💦

実はこの写真、オジサンのテニスの師匠の横顔に何となく似ています(今、気付いたのですが)。勿論師匠は外国の人では無いのですが、少し日本人離れ・・・と言うか、人間離れ(師匠、済みません)した方で、今はもう齢70を超えたはずですが、ここ2~3年お会いしていなくて、お元気なのかとても心配しています。

f:id:tenikichi21:20210308143917j:plain

セロニアス・モンクの「monk's music」です。

このお茶目な姿がなんとも言えないですねぇ。元シャネルズの鈴木雅之さんとよく似ていると思いませんか?勿論鈴木雅之さんの方が圧倒的に年下なので、鈴木さんの方がモンクを意識しているのかも知れませんが・・・。何となく楽しそうな音楽が聴こえて来そうで買った一枚ですが、最初に一度聴いたキリ、針を落としていません。

モンクの音楽とオジサンは合わないようです。好きな方は多いのでしょうが、どうにも聴いていて疲れる感じがしてしまいます。

 

さて、今日はJazzレコードの話しを少しだけ書きました。

クラシックレコードでもジャケ買いする事は有りますが、オジサンの場合聴く作曲家が偏っています(バッハとモーツァルト)ので、それ以外の作曲家のモノは、例えジャケットが素晴らしくても買う事は有りません。

最近ではほとんどレコードを買う事も少なくなりました。昨年は10枚程しか買っていません。それでもネット通販や実売店で気に入ったレコードを見付けると買ってしまいます。いずれは部屋にジャケットを飾れる棚を作りたいと考えていますが、今のところ実現しそうに有りません。

もう少し三寒四温の陽気が続きそうですが、皆さんお身体をご自愛頂き、元気に春を迎えましょう!