庭の花

台風15号が関東地方、特に千葉県に大きな爪痕を残し、いまだに停電で大変な思いをしている方が沢山居ますが、皆さんの住む地方はいかがだったでしょうか?

こんにちは、オジサンです。

オジサンの住む地方は確かに夜半から明け方にかけて雨風が強まりましたが、停電や浸水などの被害もなく、翌日には普通の生活に戻れました。当日は懐中電灯や食料を準備していたのですが、何もなくて良かったです。

ココ何日か、やっと朝晩は秋らしい気温になり、寝苦しさからも解放され毎日良く寝ています。

無職・無給

8月末で仕事を辞め、現在オジサンは無職・無給です。まだ仕事を辞めてから2週間ほどですから「長い休み」の様な感じなのですが、もう少しこの状態が続くと「あぁ、仕事を辞めたんだなぁ」と実感するのかも知れません。

しかし、毎日介護でアッと言う間に1日が過ぎてしまい、なかなか実感できない様な気もします。

昨日(9/14)は以前のテニス仲間とテニスをして来ましたが、何だか自分が下手になった様に感じたのは、他のメンバーが上手くなったからでしょうか?

誘って頂けたのは大変嬉しかったし、やっぱり身体を動かすのは気持ちが良いので、これからも時間をみて練習に参加しようと思います。

庭の花

とてつも無く暑い夏が終わったと思ったら、庭に花が咲きました。

f:id:tenikichi21:20190915163504j:plain

なんの花か・・・勿論オジサンには分かりません(自慢にならねぇよ)が、沢山の花の予備軍をつけていて、これから暫く楽しめそうです。

f:id:tenikichi21:20190915163653j:plain

青空に映えて、とても美しいでしょう。

植物って、暑いとか、寒いとか文句も言わずきちんと季節を演出してくれるんですねぇ。(エライ!)

毎日介護の日々で、なかなかブログの更新も出来ませんし、新しい話題が有るわけでもないので少し心苦しいのですが、これからも折をみて更新しますので、お付き合いください。

 

閑話休題・・・Ⅵ

先週の涼しさが嘘の様に残暑が厳しい8月最終日でしたが、皆さんお元気にお過ごしでしょうか?

こんばんは、オジサンです。

ついに8月最終日になってしまいました。子供たちの夏休みも終わり、海水浴場も閉店とのニュースが流れました。これから一気に秋に向かって季節が進み、すぐに年末がやって来るんでしょうねぇ(気が早えぇよ!)。

8月末と言えば、オジサンの退職日です。40年以上勤めた会社を辞めた日です。そして、7年続けて来たテニスチーム最後の練習日でもありました。チームの皆さんにはオジサンの個人的な理由でチームを解散する事となってしまい、大変申し訳なく思っています。

チームの皆さんにはどんな形であれ、テニスは続けて頂きたいと思うし、せっかく作った仲間は大事にして頂きたいと思います。オジサンはこのブログを通じて、これからもチームの皆さんにはアドバイス(大したアドバイスはできないが・・)を発信して行こうと考えています。

これからどうしましょう?

何だか、テニスも仕事も終わってしまい「さて、これからどうしましょう」と言う心境なのですが、少なくとも介護は続けて行かなければならないし、保険屋さんとの交渉も残っていますので、暫くは「暇」を感じる事も無いと思います。しかし、それらが全て片付いてしまった後は・・・・?まぁ、ゆっくり考えますか、時間はたっぷりですから。

お気に入りのコーヒーカップ

今日、午前中最後の練習をして、昼ご飯をチームの皆と摂り、家に帰って「あぁ、終わっちまったんだなぁ」と思いつつ、お気に入りのコーヒーカップでコーヒーを飲みました。

f:id:tenikichi21:20190831201212j:plain

部屋で一人、レコードを聴きながら(今はデュプレが演奏したドボルザークのチェロコンが鳴っている)ブログを更新しています。

PCの横に有るのがお気に入りのコーヒーカップです。オジサンは基本コーヒーしか飲まない事は以前も書きましたが、飲む時は大体マグカップなのです。しかし、今日は一つの区切りとしてお気に入りのカップでコーヒーを飲んでいます。

f:id:tenikichi21:20190831201602j:plain

このカップ、いつどこで買ったか、全く記憶に残っていませんが、色と形が非常に気にっています。

まぁ、これからの事はこの後ゆっくり考えるとして、今日1日位はゆっくりレコードでも聴いて、長い夜を過ごそうと思います。だって、明日から早起きする必要が無くなったし、夜中の呼び出し(会社から)もなくなったんですから・・・。

悠々自適とは行かないまでも、今までの様に自分や家族以外の事は考えなくても済むんですよ・・・ボケそう。

家もまだまだ手を入れたい所は有ります。北側ベランダにタープを付けて秋の夜長を楽しみたいし、南側のバルコニーには敷物をして寝転がれる様にしたいし、玄関前のポーチも奇麗に化粧直ししたいし・・・なんだ、ゆっくりしている暇なんかないじゃん!

チームの皆にも「月に1回位は出てこい」と、ありがたいお言葉を頂きましたので、月に1度位は顔を出したいと思います。うるさいのが居なくなって清々していると思ったんだけどなぁ・・・。

では、今日はこの辺で失礼します。秋の夜長、音楽を楽しみます。



 

お元気ですか~

今日(8/28)は、九州地方で秋雨前線が大暴れして、北部九州地方や一部東北方面でも避難勧告などが出ているようですが、皆さんの住む地域は大丈夫でしょうか?

こんにちは、オジサンです。

オジサンの住む地域は夜半から雨が強く降りましたが、午前中で雨も小康状態となり、今は結構明るくなっています。

今、久しぶりに魔笛モーツァルト作曲・スイトナー盤)を聞きながら書いています。何とかオーディオの音もとりあえず聴ける状態になり、今は細かいチェックをしながら聴いています。

前にも書いた事が有りますが、オーディオのチェックにはやはり人の声が一番です。どれほど弦やピアノが良く鳴っても、人の声がペラペラだったり、不自然に聴こえるようではその装置の音に合格点は上げられません。人の声が自然に響くようなら、弦もピアノも良く鳴ります。

アナログプレイヤーの調整

f:id:tenikichi21:20190828153140j:plain

オジサンの所のアナログプレイヤーは既に製造後50年位のロートルですが、いまだに元気に回っています。英国Garrard社の401型ですが、世間的には301型の方が人気がありります。しか~し、オジサンはこの401の武骨な感じが好きで長年このプレイヤーを使って音楽を聴いています。

f:id:tenikichi21:20190828160210j:plain

401のどこが良いのか・・・それは「嫌なら使わなくていいぜ!」と言っている様な武骨な外観と、出て来る音のしっかりしたところです(おまえも、しっかりしろ!)。

オーディオにハマった人の多くが「Garrardなら301だな!」と言う中、へそ曲がり的かも知れませんが、オジサンは401を選んだのです。

プレイヤーの構成は、一番下に黒御影石(1本約50Kg )を二本、その上にデルリンの小さなブロックを3つ置き、その上にアオタモでできた砂入りの箱(約60Kg )を置き、更に黒檀のブロックで浮かせてその上にプレイヤーを乗せています。

プレイヤーのベースは厚さ2㎝のデルリンの板です。重さはプレイヤー、アームなどを含めて約30Kgです。

アオタモの箱は以前にも紹介しましたが、松本に住んでいた頃、有名な指物師の方に作って頂いたモノで、30年以上経った今でも全く狂いが有りません。

プレイヤーの横に鎮座しているのは、旭川に出張に行った時に市内の雑貨店で買ったアフリカ産のカバの置物です(お前は、カバの逆立ちだろ?)。

プレイヤーの調整と言っても今まで培ってきたノウハウを生かして調整しましたので、それほど時間は掛からずに一応の音は出るようになりました。部屋の構造上ハウリング(詳細はHP等で調べて下さい)が心配でしたが、幸い全くその影響も有りませんでした。

これからもう少し調整を進めて行きたいと思っています。

やっと買った椅子

引越し前の家で使っていた椅子は安物で、人工皮革がボロボロになってしまい、それでもカバーを掛けて何とかしのいでいたのですが、いかんせん新しい家に持って行くには気が引けたので、引越し前から散々アチコチ捜していました。

一旦輸入中古家具店で気に入った英国製の椅子を見付けたのですが、やはり人工皮革でしたので「どうしたもんか」と迷っていました。勿論オジサンは金持ちでは有りませんので、何でも気に入ったモノが買える訳では有りません。そこで、ニトリ、イケア、ネットなど、様々な所で見て先日やっと椅子を買いました。

f:id:tenikichi21:20190828155831j:plain

結局ネットで見付けたこの椅子を買ったのですが、安物の割に座り心地も良く、色的にも落ち着いていて大人しい性格のオジサン(アホな事言うな!)にはピッタリです。

後は何年ヘタラズにもつかが問題ですが・・・。

さて、介護生活も約2週間を終え、何とか生活のペースがつかめて来ました。相変わらず朝4時30分頃には起きていますが、やる事もなくタダタダ、ボーっとしています。

まだまだ先は長いので、張り切り過ぎて体調を壊さない様注意しています。

唐突な終わり方ですが、今日はこの辺で終わります。また時間が有る時に近況などをお知らせいたします。

 

少し落ち着きました

台風10号が西日本を縦断し、各地で猛威を振るったお盆休みになりましたが、皆さん何事もなくお過ごしでしょうか?

こんにちは、オジサンです。

何もこんなお盆時を狙って来ることもないのに、随分意地悪な台風10号でしたねぇ。オジサンの住む所は、雨も風も殆ど影響なく、夜もグッスリ寝てしまいました。直撃を受け、夜もオチオチ寝ていられなかった地方の方には申し訳ないと思います。

ついに退院しました

昨日(8月15日)、終戦の日、嵐の日に家族の退院を迎えました。思い起こせば8ヵ月余りの病院生活、よく頑張ったと思います。

退院の時、お世話になったリハの先生方に見送られ、嬉しさ半分、不安半分の表情を見せていましたが、車椅子用の車に乗り込み、無事新しい家に到着。しばらく周りを見渡したり、お風呂やトイレの位置を確認して夕飯を食べ、夜は久し振りに「嵐にしやがれ」を見て寝ました。

夜中に3回ほどうなされて起きたようですが、朝は気持ち良く起きてくれ、オジサンも一安心し、こうしてブログを更新しています。

オジサンの部屋は今・・・

今日は、今現在のオジサンの部屋の状況をお知らせします。

引越しの荷物が入ったのが8月10日、既に5日が経っていますので、少しは生活できる様になりました。しかし、細かい所では「あれがない」「これがない」といちいち大騒ぎしています。

さてオジサンの部屋は今どうなっているか・・・

f:id:tenikichi21:20190816104710j:plain

オジサンの部屋は今、こんな感じです。オーディオはまだ並べただけで、調整はこれからですが、一応音が出る状態になりました。

未調整の状態ですから、音質的には「???」ですが、部屋の素性としてはなかなか良い感じです。これから時間を掛けて追い込んでいけば、そこそこの音を奏でてくれると信じて頑張ります。

f:id:tenikichi21:20190816105226j:plain

右からアナログプレイヤー、ラインプリアンプ、フォノイコライザーです。相変わらずのラインナップですが、どうしても大型機械は好きになれないのです・・・。

取り急ぎ、現在の状況を報告します。

まだまだ開けていないダンボール山済みですが、ボチボチ片付けて行きます。また何か有ったら更新します。

立秋を過ぎたとはいえ、まだまだ暑い日が続きます。皆さん夏バテなどしない様、体調管理には十分ご注意下さい。もうすぐ「食欲の秋」がやって来ます。美味しい物をたくさん食べるには、体調が肝心です。

 

ついに引越しました

毎日、嫌になるような暑さが続いていますが、皆さん暑さ負けなどしていないでしょうか?

こんばんは、オジサンです。

この暑さの中、昨日引越しが終わりました。とは言っても、これまでの家の方の片付けが済んでいないので、完璧とはとても言えませんが、とりあえず必要なモノは新居の方へ移しましたので、当面困る事は無いと思います。

夏の引越し

オジサンはこれまで5回ほどの引越しを経験していますが、いつも夏の引越しです。特に会社に入ってからは7月が人事異動の時期なので、どうしても7月末から8月お盆前の時期に引越しをやらなければなりません。

夏の引越しは暑さとの戦いです。流れる汗を構っていたら引越しになりませんので、流れる汗は無視して、とにかく荷物をトラックに運び入れるのです。今はプロが全てやってくれますので、昔の様な事は無くなりましたが、それでもノンビリしている訳にも行きませんので、少しは荷物を降ろしたりします。

プロの仕事

先日の植木屋さんのところでも書きましたが、やっぱりプロの仕事はすごいです。オジサンが一つ運んでフーフー言っているダンボールを2つ、軽々と運んでしまうのですから・・・。

積み込んだらトットと出発し、翌日のお約束の時間にはピッタリ到着し、またまた山の様な荷物をアッと言う間に降ろして・・・またまたアッと言う間にサヨナラです。

これからが大変・・・?

車いす生活の家族の事を思い、大分多くの荷物を処分してきました。オジサンの持ち物的には1/3程度の荷しか持ってきませんでした。それもダンボール箱20箱位になってしまいました(大半がレコードなのですが・・・)。

オーディオの部品、洋服等々、これからダンボールを開けてオーディオの再セッティングをして、家族の介護をして・・・わぉ、これからが大変じゃん。

 

まだまだ開梱していないダンボールの間で寝ていますので、少し落ち着いたら写真付きでオジサンの部屋を紹介します。

オジサン死す!・・・オジサンではない

そう言えば、引越しのさなかにオジサン(オヤジの兄貴)が熱中症で亡くなったとの知らせが届きました。もともと心臓がそれほど強くなかったオジサンでしたが、若い頃は結構やんちゃで、毎日酒を飲み歩いていて、歌が上手く(プロ級・・・と本人が言っていた)、ギターを弾きながら好きな演歌を歌っていた事を覚えています。

朝起きて来ないので、家族が見に行ったところ、既に冷たくなっていたそうです。熱中症で亡くなって冷たくなる難んて・・・なんと理不尽な。

まだまだ暑い季節が続きます。皆さんも無理をせず、暑い時は身体を休めて下さい。

ではまた・・・近いうちに更新します。

新居の庭の話し

まだまだ梅雨空が続き、最短日照時間の記録を塗り替えそうな勢いですが、皆さんがお住まいの地域はいかがですか?

こんばんは、オジサンです。

「日焼けしなくて良い」とか、「涼しくて良い」と思う方も居るかも知れませんが、やはり太陽の力は素晴らしいので、少しでも日が当たってくれることを事を祈るのはオジサンだけでは無いと思います・・・。

オジサンの家(外観)

オジサンが家を買った時、家の中は少し紹介しましたが、外観は紹介していませんでした。写真一枚ですが紹介します。

f:id:tenikichi21:20190711184824j:plain

駐車場にはCopenが停まっています。可愛いですねぇ(自分で言うな!)。

新居の庭掃除

さて、家族の退院も間近に迫り、引越しの日程も決まり、いよいよ転居に向けてスパートが掛かり始めました。オジサンのはおよそ27年振りの引越しで、効率の良いやり方は既に記憶の彼方へ消えてしまっています。

まだま新居の準備は残っていますが、先日庭のクリーニングを専門家の方にお願いしました。

f:id:tenikichi21:20190711181929j:plain

これは掃除前の庭の様子ですが、何年も手が入っていない感じで、松や梅は伸び放題、必要な草なのか雑草なのかも見分けがつかない状態でした。

購入した5月、梅の実がなっていたので、奥さんが「梅ジュースを作るから取って!」と言うので梅の木に近付こうとしましたが、周りの草木が邪魔をして思う様に近付けませんでした。結局梅の実は50個ほど収穫しただけで木の上の方の実は諦めました。それでも何とか梅ジュースの原料にはなった様で、先日味見をしてみましたが、結構美味かったです。

プロの仕事

新しい土地で知る人も無く、誰に頼めば良いかも分からず、ネットで調べて料金を聞いても、それが適正なのかどうなのかも分からずにいたところ、オジサンの知り合いの植木屋さんが「いいよ、やってやるよ」と言ってくれました。植木屋の本拠地から遠く離れた地の仕事を引き受けてくれて、本当に助かりました。

約束の時間にやって来たプロ集団(4名)は、簡単な打ち合わせをした後、すぐに仕事に取り掛かり、2時間後には下草等は殆どなくなっていました。

勿論プロ用の機材を使ってやるので、その速さは素人さんには敵わない事は分かっていましたが、それにしても手際が良かったです。

途中ハチに刺された職人さんが居ましたが、何事もなかった様に仕事を続けていました。刺されたところを見せてもらいましたが、結構腫れていて「大丈夫?」と聞くと、「なんでもねぇ」と一言・・・すごいですねぇ。オジサンだったら大騒ぎして「やめた!」位は言ってそうです。

f:id:tenikichi21:20190711183301j:plain

上の写真の庭が、およそ5時間でこの様な姿に変貌しました。奥さんは「奇麗になったねぇ」と感心しきりでしたが、「プロがやったんだから当たり前じゃん」と心の中で思っただけで、口には出しませんでした(大人じゃん)。

驚いたのは、庭から20個以上の鉢が出てきたことです。何かランの様なモノが植わったモノ、空のモノ、割れているモノ等様々でしたが、草に隠れて見えなかった「お宝」がザクザク出て来た感じです。全て持って行って処理して頂きました。

f:id:tenikichi21:20190711183729j:plain

正面に見える松の木などは、ベリーショートにして頂き、さっぱりしています。最初の打ち合わせで「夏向きに」とお願いしたのが良かったんだと思います。

やっぱりプロの仕事は違いますねぇ・・・。

ハチの巣は最終的に3つ見付かり(全て足長バチ)、全て撤去して頂きました。もしそのまま放置していたら、何かの拍子にオジサンや奥さんが刺されていたと思います。

 

これからこの家で過ごす事になるのですが。せっかくプロに綺麗にして頂いた庭ですから、何とかオジサンの手で守って行きたいと思います。

 

Let's go SHIMANAMI-KAIDO 最終回

何だか、東海から関東地方に掛け、日照時間が例年の1割程度になっている様ですねぇ。

こんばんわ、オジサンです。

オジサンの住む地方も確かに日照時間が短く、お天道様の顔をしばらく見ていない気がします。このままではコメや野菜の生育に支障が出てしまうのでは・・・と農家でもないオジサンまでもが心配になるほどです。

その割に雨の量もそれほどではない様な気がしますが、西日本・・・特に九州地方は集中豪雨で大変でしたね。昨年の七夕豪雨程ではなかったものの、各地で河川が氾濫した映像をオジサンも見ました。雨の降り方がオジサンの小さい頃(半世紀以上前)と違って、一時に大量の雨が降るようになったと思いますが、皆さんの住む地方はどうでしょうか?

さて、しまなみ海道の話しも今回が最終回です。既に1ヵ月以上の日が経ってしまい、記憶の糸がブツブツと切れていますので、ちょっと話が繋がらない部分も有るかも知れません。ご容赦ください。

淡路島・・・野島断層保存館

1995年1月17日、オジサンは何時ものように5時頃起き、出勤の準備を整えている時、目に飛び込んできたのが神戸の街が火に包まれた映像でした。最初はリアルとは思わず「朝からエグイ映画やってるなぁ」と思いました。その映像がLiveであることに気付くまで、少しの間が有ったと記憶しています。

阪神淡路大震災は、犠牲者6000人超を数え、神戸、淡路を中心とした地域に甚大な被害をもたらしました。オジサンと仲が良かった同じ会社の先輩も西宮で被災し、幸い家族は全員無事でしたが、その時の事を後日聞かされ、鳥肌が立った事を覚えています。

その阪神淡路大震災の爪痕である「野島断層保存館」を見学して、自然の力の大きさを改めて知りました。

野島断層保存館・・・奥さんは以前友人と行った事が有った様ですが、オジサンは全く初めての経験です。以前、防災の勉強のために神戸市役所や神戸市内の小中学校の見学に行かせて頂いた事は有りましたが、それらは既に復旧が進んだ後の事ですから・・。

野島断層を見て、改めて当時被災された方々のご冥福を祈る気持ちになりました。

f:id:tenikichi21:20190709191948j:plain

これは野島断層に行く前、どこかのSAで食べた「たまねぎラーメン」です。淡路島と言えばタマネギが有名だそうで、どこへ行っても「たまねぎ○○」が売っていました。奥さんは「たまねぎスープ」「たまねぎドレッシング」「たまねぎソース」をしこたま買い込み「お土産にする」と張り切っていましたが、Copenのトランクはたまねぎで一杯になり、帰路はオープンにすることが出来ませんでした。

帰路

野島断層保存館を見学し、自然災害の恐ろしさを実感したオジサンは、今回の旅行の最終宿泊地「淡路島」に投宿しました。

ホテルに付いて最初に驚いたのは「水道水がしょっぱい」事です。確かに海に囲まれた島ですから、水がしょっぱいのも頷けるのですが・・・これではコーヒーも飲めないし、勿論飲料水として飲むこともできません。そこで、夕飯を食べに出るついでにスーパーで飲料用の水を入手しました。ホテルによって違うのかも知れませんが、皆さんも淡路島に行ったら最初に水をチェックして下さい。

夕飯を食べ、コーヒーを飲んでその日も直ぐに寝ました。朝まで何も知らず、ぐっすり寝ましたが、やはりいつも通り5時には起きてしまい、ゴソゴソやっていると奥さんも目を覚まし「はらへった~」と一言。他に言う事ないのかねぇ???

ホテルを7時に出て、高速に乗り、神戸、大阪と順調に走り


抜けましたが、滋賀県に入ったとたんに渋滞にハマりました。工事渋滞でしたが、抜けるのに1時間半も掛かってしまい、二人とも無口になっていました。

琵琶湖の南側で渋滞から解放され、そこからは再び順調に進みました。草津JCから三重県方面に進み、一路名古屋方面を目指しました。

本来なら行く時に通った湾岸線を走った方が早いのですが、奥さんの「名古屋城が見たい」の一言で名古屋方面にCopenを向けた次第です。とは言っても名古屋市内を抜けて名古屋城まで行くのはしんどかったので、高速の上から見える可能性に掛けたのですが、残念ながら見えませんでした。

f:id:tenikichi21:20190709192711p:plain

やはりお伊勢さんの近くへ来たらこれを食べなくちゃと言う事になり、途中のSAで名物「赤福」を頂きました。8個入りを二人でペロリと平らげ、「さ~て、次は何を食べるかな」と言う奥さんを引きずってCopenに押し込みました。放って置けばその辺に生えている草木まで食べそうで、恐ろしくなります。

病院へ

名古屋から愛知県を抜け、無事静岡県の県境を越えたのが13時頃でした。浜松SAで昼食を摂り、再び走り出しましたが、このまま順調に行けば16時過ぎには家族の待つ病院にたどり着ける事が確実になりましたので、病院に向かって走りました。

1週間振りに見た家族の顏・・・なんだかお互いホッとした様な顔をしていたと思います。元気な家族の顏を見て、オジサンも胸を撫でおろしました。

たった6日、されど6日の旅行はこうして終わりを告げました。奥さんは大満足だった様子で、「あそこの〇〇が美味しかった」とか「うず潮がすごかった」等と家族に話しかけていました。まぁ今回は奥さんが満足してくれればそれで良かったと思います。

次はいつ行けるか分かりませんし、もう二度と行けないかも知れませんが、チャンスが有れば、またCopenをオープンにしてどこかへ出掛けたいと思っています。オジサンは「退職したら、東北6大祭りを1年の内に回る」計画を立てた事も有りましたが、実現は難しそうです。何と言っても1ヵ月以上掛かりますから・・・。

まぁ、青森のねぶたと秋田の竿灯だけでも見たいとは思いますが・・・。